読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気休めの音楽を流す

ふたりに夢を見つついまさらどんどん沼に沈む

お兄さんは お強い ええ男や 男前や

先週のブンブブーンの録画見た。光一くん、お疲れだったのかもしれないけど、凄い面白かったわ…番組の面白さの8割を持っていってたわ。ってか京都のあのごった返す四条通りとか花見小路とかを浴衣で歩いただなんて…信じられん。

まず、紅葉さんの浴衣のチョイス最高というか、ホントに紅葉さんだけで選んだんか…?って疑うほど、しっくりくるチョイスで、あとやっぱり光一さんは白が映えるな~、イメージカラーは赤だしな。青み帯びてる肌の色の人は白が似合うわ~。

かき氷屋さんで「氷だけ」とかいうトンデモ注文して、店の人が氷だけじゃ寂しいだろうって厚意で出してくれた練乳とか抹茶かけて、しれっと「抹茶美味しいですね」と店の人に声をかけて、「かけてくれたんですか?!」って驚かれるこの感じ。ほんっと、光一くん面白いな…!うちの王子がすみませんねえ。店の人がわざわざ出してくれた抹茶やらを素直にかけて食べてるところが可愛い、とつい思わせてしまう王子、罪っすね。

お座敷でも、ビールを一気に二杯も飲んでご機嫌な様子の光一さん、「あれやばいな」ってテレビに映る前に口に出しちゃう自由さも、可愛いし面白いから許す!ちょっとはっちゃけた後(お札で仰いだりとか「うまっ」て発したときとか)に、ちょっと品がなかったかな…?みたいに一瞬反省するのも、ね、光一さんらしくてキュートよねキュート。剛さんは剛さんで、本当に上品にものを食べるよねえ…お口が小さいから余計にそう見えるのかな。

ってか、「べろべろの神様」と剛くんの相性良すぎて笑った。金毘羅船々のキンキ対決、かわいすぎだろ…。対面した時のこのコントラストが!最高で!ってか、光一さんは酔ってちょっとぼんやりしてて、剛さんのがまだ冴えてる風だったけど、それでも剛さんが負けるのね(笑 「お兄さんは お強い ええ男や 男前や」で三味線のじゃっじゃって合いの手をじっとみる剛さんにおそらく気づいた光一さんが「あの三味線も――バンドマンみたい」って最初にいじったから、剛さんもそれに「バンドマンみたい――MCであるよね」「あるある」って便乗して、もう一回酸っぱいジュースをわざわざ飲んでじゃっじゃっを聞いて「やかましいわ」とやる剛さん。光一「お前、それが聴きたいがために二杯のんだ?」剛「(苦い顔で頷きながら)だっておもろいやん。じゃん、おもろいやん(光一にだけ笑いかける)」って、な、コレ!何が言いたいかというと、光一さんの自然なアシストな!光一さんがアシストして、剛くんが自由に泳げる、というのを感じた流れだった。

とらとらで紅葉さんと光一さんがあいこになったときの楽しそうな剛くん、プライスレス…。キンキ対決も、途中の踊りがシンメになっててかわいいかったー。剛くんは最後満足気だったし、光一さんは光一さんで剛くんの気に入った三味線の「じゃっじゃっ」に「あれ、おもろいわ」って「心に余裕が」あったから?楽しめたみたいだし、三味線のくだりがいつの間にか”ふたりの間で”面白かったことになってたのは、キンキ最高かよと思いました。

しかし遅筆なのですっかり寝不足だ…。