読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気休めの音楽を流す

ふたりに夢を見つついまさらどんどん沼に沈む

Φコン最後まで観た感想

やっぱり愛のかたまりは名曲だ…。

曲の感想になっちゃうけど、ふたりが歌ってるの見る度に目が潤う~。前奏のメロディも胸に迫る感じでいちいち痺れる。なんだろう、終末感、かな。この切羽詰まったような鬼気迫るような、最期を予感させる曲調がドラマチックだと思う。メロディと詞とキンキふたりの声との調和も素晴らしい。末期感。

その次に歌われた銀色暗号は、愛かたと比べると、光一さん作曲のやっぱり壁際に追い込まれたみたいなわりとシャープな曲調に対して、詞がふわふわしてる印象。ロマンチックでやわらかくて、はぐらかすように攻撃的な部分がなくて、剛さんらしいといえばらしい。曲調は、愛かたにも通ずる諦観というか厭世感みたいな斜に構えた雰囲気があって、そのミスマッチが浮遊感を生み出してる、気がする…。どちらかというとキンキはエッジを立てた歌詞と曲の方が良さが出ると思う。since 1997とか…硝子の少年とか、まあ挙げれば実はたくさんあるけど…。名曲だらけだからな…。

あー、CD買わなきゃ。コンDVDも。こんな魅力的なユニットってないよ…。コンサートのDVD観てこんなに感銘受けると思わなかった。明日はDISC2のKinKiのやる気まんまんソングの感想書く。