読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気休めの音楽を流す

ふたりに夢を見つついまさらどんどん沼に沈む

彼らが私たちと同じ方向を向いていること

スマ兄さんのことがあって、浮足立ってるこの頃…。

キンキさんに要望はがき書きつつ、スマップさんに応援はがきを書いた。

はがきを書くのが自分の性に合ってるみたい。はがきのために無印でペン揃えたけど、もっといろんなペンが欲しくなってきた(笑

 

剛くんの元旦コンでの「メディアより俺を信じろや!」という発言が、今もなお、とても心強い。

実際の現場では聞けなかったけど、本人の口から、直接その言葉が飛び出したこと。ここがすごく重要だ。

この発言から、ふたりも本当にいろいろと雁字搦めなんだ・・・ってことが分かった。スマ兄さんと同じように。

だから自分たちのやりたいことができないし、こうしたいと思っても、明言できない。

だけど、今置かれている不本意な状況を、「これは本意じゃない!」と思っていることは「信じてほし」がっている。信じて!って叫んでる。

もう、信じる!!ってなるしかない。って、これ、剛さんが光一さんに向けて放った言葉だけどね・・・。けど、ファンも同じように確実に救われてるんだよ(イコール、光一さんも救われたような気持ちなんじゃないかな)。

 

彼らが、自分と同じ方向を向いていることが分かる。こんなに心強いことはないね!

同じ方向というのは、「彼らを取り巻く不本意な状況の打破」だ。二人は、今年は「霧が晴れたようになる」ように、きっといろんな障害と戦っている。だから、彼らの障害を取り除くための一つのサポート方法として、私はファミリークラブにはがきに書いたメッセージを送る。

少しずつ少しずつ積み重ねた重石がやがて天秤を傾かせるように、良い結果がもたらされることを夢見つつ。現実は甘くないことも分かってるから、継続の努力も惜しまないぜ。私はふたりに楽しく笑っててほしいだけだ・・・!