読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気休めの音楽を流す

ふたりに夢を見つついまさらどんどん沼に沈む

2015-2016 初めてKinKiコンに行ってみて

KinKiコン大阪2日間お疲れさまでした!
もう何回書き直せば気が済むのか…。興奮のままにぴゃーっと書いちゃダメなんだなって分かった。今度こそ最終版にできたらいいな…。
 
・全体的にパフォーマーの人数が多くて、華やかなステージだった!200人くらいと光一さんが1日目に仰ってた。生演奏ほんと凄い迫力。金管かっけえ。ギターやべえ。
・今回は後輩ジャニーズが一人も出ないコンサートだったそうで。だから、ペンライトも「2」のかたちで、ひっくり返すとKinKi Kid「s」のかたちだったのかな?…なんにせよ、ふたり最高。
 
・最初の衣装、中東の王様と二人に仕えてる使用人って感じの衣装で、きらびやかで、剛くんの赤いベレー帽は遠目からでも目立っててすごく良かった。「やめないで,Pure」の演出とぴったりだったし、出だしの大迫力の演出にも相応しかった。
・「夢を見れば傷つくこともある」は、サビから入ってうわーって盛り上がった!いきり立ってるギターが凄すぎて笑った。
・「ココロがあったんだ」は今年のシングルのカップリングの中で一番好きだったので、2曲目に歌ってくれて嬉しかった~。フリの中で光一くんが脚を高く上げるところがあって、その打点の高さにびっくりする。細いのに体幹がすげえ。
 
・「やめないで,Pure」→「永遠のBLOODS」→「フラワー」も盛り上がりっぱなしの流れで。「永遠のBLOODS」から動く台座(…?)にのって、席の近くにも来てくれた。
 
思ってたより手を振ってくれる!(驚くところか?)
・剛さん、こちらにやってきたとき、両腕を大きく振り回してお手振りを何度かしてくれて、もうほんとに、ぶんっぶんって感じでかわいらしかった!!ぽてぽてしてる!!他のお客さんからもかわいい~って声が上がってた。
・なんか、剛くんって仕草がおもちゃみたいというか、くまのぬいぐるみみたいというか、いたずら好きの幼子みたいな感じなんだあ。ひょこひょこ歩いてるのも子熊さんみたいで、ここでしか見られない妖精さんのようだった。
 
・光一さんも、初めてまじまじ見ることができたけど、現実感なさすぎて、ホントに生身の人間か?着ぐるみじゃないか?と思うほどだった。ディズニーのパレードに「堂本光一」ってキャラで素で出られるぜ…。
・顔も小さいし腰から太ももの厚みも全ッ然なくて、一体どういう人種なんだと。小ぶりな宝石って感じで美しくて、ああいう感じの男の人、初めて見た。エルフかな。
 
・「もう君以外愛せない」は、胸キュン曲ですな…。あんなに真摯に歌ってくれるんだから、体に沁み込ませるようにもうじっとひたすら目と耳で聴いていた。
・マーチングバンドと「情熱」のコラボ、2日目は剛くんのTボーンソロがホント面白かった!ってか、まさか本当にやるんだ…!?という気持ちもあって、妙な感動を覚えたwそんなに違和感なくフツーに盛り上がったので、KinKi Kidsのステージの強度ってやっぱすげえ。
・「願う以上のこと 祈る以上のこと」は、金管楽器で豪勢に演奏されるとかなり華やかで良い曲だなあと改めて思い、次の「ボクの背中には羽根がある」の低音を増強した”重さ”とのギャップが、素晴らしかった。サビの低音がやばくて、特に1日目は音響に近いところの席だったので感極まって涙出た。
 
・1日目は「Misty」はじまる前に全然分からなくて、かっこいい導入だな~とは思ってたけど、次来る曲が分かってから聞くとめっちゃ「Misty」のアレンジだったのでニヤニヤした。
・「Misty」ほんとかっこいい…とある経緯でKinKiを認識した思い出の曲でもあるので、感無量でしたわ…。
・「うまくいかないことばかりで 近頃 Oh~」ってとこのOh~が力抜けててセクシー!この辺から前髪を掻き上げる剛くんが目立ち始めるけど、それもやばい。ムービングステージであんまり照明が主張しない中、踊ってるふたりがドームの真ん中を移動していくのほんと神秘的だった…。
・「来年は霧が晴れていくようにしたい」ってそんなことを2日目のショー終わりで話していたけど、それを聞いてからすごく「Misty」の歌詞思い出す。
 
・「Kissからはじまるミステリー」は名曲すぎて、20日の朝方も眠りながら曲とそのシーンが脳内再生されてた…「さまよう難破船だよ」のとことか。松本隆先生の歌詞最高すぎ。山下達郎先生の曲うっとりすぎ。
・あと、「君が欲しい」のところ!2日目は、遠目だけど剛くんが指差してくれる方向にいたので無論ガン見したし、ふたりが絶妙な時間差で指差しするの、ほんとかっこよかった…('、3_ヽ)_
 
ジェットコースター・ロマンスは、ペンラ振り回すの楽しかった~!お二人曰く、「あれ疲れるね」剛くん曰く「けど、あれやらないの?って空気になるから」光一さんは他のカウコンとかでは恥ずかしいからやってほしくないとのことwファンを身内みたく捉えてる光一さんの感覚いとおしい。
 
・身内感といえば、2日目のMCではファンも含む女性に対して、光一さんが「わがままな娘…娘…?」って表現に引っかかりながらも「娘」という呼びかけ方を使ったことに感銘を受けたし、その後、「キンキに会うからおめかししてきたって人いる~?」って聞いて予想以上に手が挙がらなくて、「もうちょっとこう…さ…!」って期待してたキンキのお二人が裏切られた姿がほんとおかしかったし、確かにあれは少なすぎたわ~ってお客さんも大爆笑で、その温かいムード最高だなと(*˘︶˘*).。.:*♡普段、光一王子が「見てません見てません」言うから(笑 これはファン側のささやかな逆襲ですよねw
 
・1日目のMCは、キンキさんたち反省会をよくしてたねw剛くんは全体的にふわふわしてた。ドームは、君のプレイグラウンドか?って感じで「99%LIBERTY」でもふっらふらしてたし(笑
・1日目は、”キンキの生命線”であるプロンプターに最初、歌詞が表示されない事件があったり、光一さんが堂々と間違えた立ち位置に剛くんが最初はあわせてみたものの、やっぱり元の位置に戻ろうとしたら、マーチングバンドの移動に巻き込まれて、剛くんがわ~ってなった話とか。最後に気球が交差できなかったりとか。
 
・1日目の剛くんの言葉で面白かったのは、
 「光一んとこはお手伝いさんが綺麗にしたみたいになってるけど、ここはニワトリ小屋」(剛くんの周りだけ羽根がいっぱい落ちてる)
 (後半戦はこの曲踊るの?って曲もあるし、)「紙芝居でやるの?って曲もある」
 
・光一さんは、1日目も2日目もプラスチックのトロンボーンを剛くんに吹かせることにハマっていらっしゃった。マーチングバンドに混じって、途中で吹いたらええやん!それめっちゃおもろい!と光一さんの楽しげな発案で、2日目は本当に剛くんTボーンソロが発生していて笑った。
・でも、Tボーンソロの演出を決めるまで、なぜかみんな真剣に考え込んでしまってカメラワークやらTボーン出す位置で揉めて、「お笑いってこんなに真剣に考えるもんなんですね」とスタッフに言われ、「なんでこんなに揉めなあかんのって考えたら、おもろなってきた」と剛くんがイノセントな口調で話してて、剛くんのそういう平和主義なところ好きよと思いました。
・でも、Tボーン吹いたものの、結構剛くんがいい音出してしまって、”だんだんうまくなってきている“と、不満そうな光一さんwパスッパスッって音が聞きたかったみたい。
 
・剛くんがうまく吹けなくて、間抜けな音だしてるのが、きっと光一さんの萌えというかツボなんだろうな~と思った。さすがの父性。剛くんがこんな風にかわいいままでいられるのも、一部は光一さんの父性のおかげかな(笑
・それにしても、光一さんは“例のプラスチックのトロンボーン持ってる剛くん”の姿をえらく気に入っていた。”本気で持ってないでしょ感が面白い”って笑っていらっしゃってたけど、その感じすごーく分かる。なにかやらかしそうな雰囲気しかないし、いじりたくなるんだろうなあ。
 
・FNSのモニターのある部屋で、トロンボーンを思わず吹きたくなってプープー吹いてたって姿も、すごく想像できる。かわいい。ずっとそこで吹いてたっぽいのもかわいい。
・品川のホテルのバルコニー?から、トロンボーン吹いて品川に響き渡らせてたって話もかなり好き。光一さんは隣の部屋にいて、めっちゃうるさかったとのこと。
でも、なぜそんなうるさかったかというと、光一さんが隣でF1関係の取材受けてると聞いて、剛くんはわざわざ隣の窓に向けてプープー吹いてたらしい。なんだこのかわいらしいエピソード。
 
・キンキさんはMCが長いと噂には聞いてたけど、でも、今回プロンプターの時間表示が効いてたのか、そこまで長く感じなかったな。確かに剛くんの言ってたように「ほんまにだらだらしてまっせ」ではあったけどw
 ・そういえば、光一/剛くん呼びは継続中だった。あと、ブンブブーンのテンションよりも全然元気でびっくりした!特に初日(笑
・でも、分かったのが、片方がひとつのことを言ったら、もう片方が何かを思い出してとりあえず話を広げちゃう。んで、相方が話したいことを全部話し終えるまで絶対に遮らないし、どっちが進行するとかも臨機応変にやっていくスタンスだから、ほんまにだらだらしてしまうんだろうな…かわいらしいおふたり…(笑
・2日目の最後の挨拶で「剛くん、何か言い残したことはありますか?」「…4時(開始)って。every.♪」からのぽつリンのくだり。
・「ぽつリンって名前がもう」「休みの日に夕方まで寝て、起きてぽつリン見て、俺もぽつリン」ってぽつリンに感情移入してしまう光一さん、コンサート終わりだろ…?ってときにだらだら繰り広げられるトーク、もう本当にかわいい人たちだ…。
・ちなみに1日目の最後の挨拶は、「来年は活動増えるから、ぜひ体調を整えて、うわっ下痢してもうたってなったら、ストッパ下痢止めがいいですよ」的なことを剛くんが言い出して、それ最後に言うこと?って光一さんがおっしゃってましたw
・剛くんはMCでもバンドさんに「体調うるわしゅう?」って聞いてて、あなたはどこの殿かよ…(?)と思った。
 
・MC明けは「Alright!」と「鼓動、千々に」。「鼓動、千々に」を聴いてていつも思ってたんだけど、「空に消そう~」の光一さん、声が出やすいトーンなのかやっぱり鋭角で入ってくるのでドキっとする。
・「Harmony of December」からは、トナカイとかいそうな地域の遊牧民っぽい衣装(※完全にイメージ)っぽいお二人。剛くんのお帽子がかわいらしい。シックな色味の衣装ほんと素敵。ドームの天井近くの高いところで歌ってたけど、歌声に迷いもなく、伸びやかに歌ってらっしゃった。
・「SNOW!SNOW!SNOW」もさ、低音がボンボン鳴ってて、ぼたん雪じゃ~!って感じだった。涙混じりのね、湿っぽいね、重い雪ね…。
 
・その後の「愛のかたまり」からは、白!とにかく全身白!棒タイ!光一さん安定の王子丈!っていう清廉な衣装で、素敵だった~(涙 ほんと白衣装フェチとして最高だった~!ハモデから愛かたまで、冬の歌が続きました…名曲つづきでほんと切ない(涙
 
・その後の「硝子の少年」→「雨のMelody」→「Secret Code」→「99%LIBERTY」→「ちがう道、おなじ空」もずっと聞き惚れつつ、盛り上がりつつ…。「Secret Code」ってどういうタイミングでペンラ振ればいいんだろうね?裏拍で振るとノリノリになりすぎちゃうし…2回やったけど、全然掴めなかったw
 
・アンコールでは、キンキさんがひとりずつ飛行船のような気球に乗って、ステージから後方へ行き、後ろで二人の気球が交差してぐるっと前に戻ってくる演出!!
・1日目は二階席から見てて、すっごいハラハラした…。剛くん固まってたし、光一さんも「俺ですら怖い。下りるとき傾く」って言ってたから…。
 
・でも、こちらの心情的にも2日目は慣れて、普通にわーっ(∩´∀`)∩て見上げてました(笑
 
・光一さんが来て、上空からこちらを見下ろしていらっしゃったけど、ほんと生身の人間か?って疑惑リターンズだった。お肌がディズニーの進化した3Dコンピューター・アニメーションのような感じだった…。
 
・すっごい印象的だったのは、地上の私たちが一生懸命ペンラを振って呼び掛けてたのを、王子が柵に両肘をついてもたれかかって、微動だにせず優雅に眺めていらっしゃったところ…。スポットライトが上後方から当たってて、光一さんの目のあたりに影が落ちて、ビジュアルが古き良き少女漫画みたいだった。
f:id:toufuro:20151221230707j:plain
アンソニーみたいだった。(※私の少女漫画の知識は乏しい)
いや、この画像より、もうちょっと笑ってるアンソニーかな、まつ毛ばっさーな感じの…まあ、光一さんの性格的には、絶対アンソニーではナイんだけどさ…アーチボルトとテリィを足して2で割ったってとこかな…何言ってんだろ、私…。
 
まあ、総じて、キンキさんは本当に異常にかわいらしい存在だった。
やっぱり生で見るとかわいらしさがますます実感できて、ほんともっともっと応援したいと思った!><
もちろん、歌やパフォーマンス、演奏、演出の高いクオリティ、キンキさんの優しさと真摯な態度も、改めて贅沢に享受できる私はなんて幸せかと…もっともっと私のような新規ファンが増えればいいのにな~と感じました。
 
来年からの20周年イヤーに向けて、放ったキンキさんの言葉で噛みしめたいのは、光一さんの「このコンサートを通じて一番言いたかったことは……もっとCDを買ってください(>_<)」ってかわいらしい催促と、剛くんの「え~、まだ買わすの~」ってゆるふわトーンのあとにした「もっと俺らが曲出せって話ですよね」という男前発言。
”いろいろあるけども、霧が晴れたようになるようにしたい”というキンキさんの前向きな発言。
だったら私もなんとかして、布教になるようなことできたらいいな…!と思うわけで。草の根レベルだけど、若年層取り込むべくもっとニコニコとかに動画編集して投稿するかな…意味あるか分かんないけど…。
 
でも、いいタイミングでキンキさんにハマったんじゃないかなと、コンサートに行って思いました。まあ、これまでの年月をリアルタイムでKinKi的活動を追えなかったのは、かなりの損失だと思うけども、「来年は活動が増える」と明言されてましたし、これからどんどん一緒に盛り上がれたらいいなあ。
 
うん。目に焼き付けた二人の姿を何度も再生して、2016年も良い年を迎えられたらいいなと思う。いや、絶対、良い年が迎えられそう!そんな気しかしない!早く!早く迎えたい!切実に!KinKi!KinKi!